ブラックリスト

クレジットカードのショッピングとキャッシングの枠

世界各国で使えて、現金を持ち歩かなくても買い物や各種サービスを利用できる「クレジットカード」を利用していますか?クレジットカードがあれば、提携先であればどこでも使えますが、使える金額分には限度があります。
それが、クレジットカードの「ショッピング枠」と「キャッシング枠」です。

カードを作る際には基本的に「限度額」が決められます。
この限度額を超えた利用はできません
たとえば、限度額が「30万円」とした場合、ショッピングに利用できる額と、キャッシング(お金の借入)に利用できる額を合わせて「30万円」ということになります。
30万円ずつ、ということではありません。

例えば、キャッシングとして20万円をATMより現金で受け取ったとします。
その後に利用できる残額は「10万円」なので、キャッシング、ショッピングに関わらず10万円までしか利用できなくなります(ショッピング枠・キャッシング枠ともに減る)。

ですから、記述したように、いつまでも際限なく使えるという訳ではなく決められた限度額以内の利用ができます。
この点で注意したいのが、「使いすぎ」です。
現金を支払っていないので、手元からお金が出ていく感覚が薄れてしまい、結果支払えないほどの買い物をしてしまうことがあるのです。


このページの先頭へ